最近、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の間でも人気を集めている健康法のひとつであるヨガ。ヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)は古代インドで生まれた健康法ですが、誰にでも可能です。一般的なヨガ(伝統的な流派として、ハタ・ヨーガやラージャ・ヨーガ、カルマ・ヨーガ、バクティ・ヨーガなどがあります)のイメージとして、体の柔軟性やある程度の筋肉がないと出来ないように思うかもしれません。でも、そんなことはないですよね。ヨガの効果としては、基本的には呼吸法とポーズを行うことで、健康的な心と体を作ることが出来るかもしれません。では、実際に、ヨガの具体的な効果にはどのようなものがあるのでしょうか?まず、ヨガで行う呼吸やポーズは、ストレス解消にとても効果的です。心が乱れているから落ち着かせたい、物事をもっと前向きに考えられるようになりたいなど、少しバランスが崩れてしまっている場合にも、ヨガ(インド発祥の修行法ですが、様々な流派があり、エクササイズや瞑想法としても活用されています)をしたら心のバランスを整える事が出来ます。ヨガを行う際のポイントとなるのが瞑想です。この瞑想(一日に五分でも継続して行うことで、次第に変化がでてくるといわれています)も自分の心や体を見つめ直す意識を働かせることから、集中力のUPが図れると言われています。それに、様々な場面において日常的な作業がスムーズに進むなど、精神面だけではない能力アップが期待できるでしょう。もちろん、ヨガはメンタル面だけでなく、肉体面にも良い効果を齎します。中でも、ダイエット効果は?多くの女性からヨガ(インド発祥の修行法ですが、様々な流派があり、エクササイズや瞑想法としても活用されています)が支持されている理由の一つにもなりましたね。ヨガ(アメリカで流行し、エクササイズや健康法として日本でもブームになりました)をすると、普段あまり使わないような筋肉を使い、体をゆっくりとストレッチさせるようなポーズをとります。このように筋肉をほぐして脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)を燃焼させることで、基礎体力や代謝がアップして効率よくダイエット(次々に新たな方法がブームになっては消えていきます)を行うことが出来るのです。正しい呼吸法を行うことで有酸素運動にもなるため、さらに脂肪燃焼(褐色脂肪に冷たさを感じるような刺激を与えると、脂肪が燃焼しやすくなるでしょう)を促進させることができるでしょうー